軽井沢のセカンドハウスをご検討の皆様へ

secondhouse-img-00

生活の第二の拠点としてセカンドハウス

この度の東日本を襲った大震災では、直接被害のあった被災地のみならず、首都圏にお住まいの方へも停電や放射能汚染による飲料水の不安など、多くの影響が出ております。大都市で被災した場合の様々な危険を目の当たりにし、安心できる避難場所の確保の重要さを切実に感じていらっしゃる方も多いのではないでしょうか?
実際に、東日本大震災後、特に首都圏にお住まいのお客様で、別荘や避暑、レジャー目的だけでなく、もしもの時の生活の第二の拠点としてセカンドハウスをお考えの方から、当社に多くのお問合せが寄せられております。
自然災害への備えとして、都会にお住まいの方は、安全な場所に第二の住居を持つのが安心です。
ログリゾートでは、東京からアクセスのよい軽井沢・八ヶ岳という立地で、すぐに使用可能な状態の完成済み物件、輸入家具付物件などを取り扱っております。

首都圏の災害に対する避難場所として絶好の軽井沢という立地

軽井沢は、東京から新幹線、自動車での行き来も便利な場所で、インフラも整った生活に便利な場所。もともと避暑地として発展してまいりましたが、セカンドハウスとしても絶好の立地です。
また今回の震災では、東京電力管内での計画停電等でビジネスのうえでも大きな影響を余儀なくされた法人様も多いと思われますが、軽井沢は中部電力管轄となるため、いざという時に会社機能を移転することも可能です。

節電、停電時にも心強い仕様のアメリカンハウス

現在ログリゾートで建築中の物件では、太陽光発電を推進しております。今後は自家発電による電力を最大限に利用するシステムを採用していく方針ですので、ちょっとした停電時にも安心です。災害でインフラの復旧に時間がかかる場合でも、避暑地・軽井沢は夏の涼しいエリアのため、夏季の熱中症などの不安をダブルで軽減してくれます。
さらに、当社ではこれからのセカンドハウスの標準装備として、電気自動車付きの物件を販売していく予定です。電気自動車の高性能なバッテリーを使い、緊急時の住宅用電力を供給できる仕組みを、開発メーカーと共同で進めております。移動の手段と緊急時の自家発電用という目的を兼ねた、これからのセカンドハウスのインフラとして大注目の電気自動車付き物件にご興味のある方は、お気軽に当社までお問合せください。

form_bottom